FC2ブログ

地政学に目覚めたプーチンの東欧親ロ化工作!

オバマ政権が、ウクライナのクーデターとNATO加盟を策動したことが、ロシアのプーチン政権を地政学に目覚めさせた。結果ウクライナの戦略的要衝のクリミア半島がロシアに併合され、さらにプーチンは東欧諸国に工作活動を強化して次々と親ロシア政権を誕生させ始めた。オバマがウクライナに軍事介入する気もないのになぜ野党をテコ入れし、クーデターを画策したのか理解に苦しむ。

EUとNATO加盟のブルガリアと、西側志向のモルドバで「新ロシア」派の大統領が誕生したのは、天然ガスや、米企業のシェールガス開発を潰すための環境団体への経済支援や文化活動やスパイ、マフィアまで動員したプーチンの東欧諸国を奪い返す戦略の表れと見られている。

今回ロシアとの関係を改善するトランプ次期米政権の誕生は欧州への接近を目指す旧東欧諸国には衝撃で、ロシアによる野党勢力へのてこ入れで政権が打倒される可能性を強め、動揺している。プーチンを地政学に目覚めさせたオバマの誤りは明らかである。わざわざEUに接近する東欧諸国に、NATOの基地を作るかの動きは無用と言うべきであった。アメリカのトランプ次期大統領が「欧州離れ」「NATO離れ」を公言しているのだから、EUは東欧諸国をめぐりロシアの親ロ政権作りに対抗し、対立を深める可能性がある。

しかし、地政学に目覚めたプーチンではあるがアジア方面での中国の戦略的動きには疎い。中国はインドや東シナ海や南シナ海で派手に軍事行動をするが、中国の真の狙いはロシアのシベリアへの中国人の送り込みにある。ロシアは数年以内に2000万人と言われる労働力不足になる。この隙をついて中国政府はシベリアの戦略的取り込みに向けて、ロシアへ労働力を送り込み、浸透を強めている。ロシアの極東では中国人移民による犯罪やロシア住民との軋轢が激化しており、ロシア政府も中国の戦略に気付いていると思われるが、欧米の経済制裁下ではプーチンは中国に強く出れない状況にある。

プーチンの地政学への目覚めはあくまでもNATO対策であり、アジアの地政学には無警戒と言うべきである。安倍首相は近く訪日するプーチンに、中国拡張主義への警戒を警告した方がいい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治