FC2ブログ

韓国社会の後進性の原因は何処にあるか?

韓国経済が危機的なのに、政治が前近代的で大統領の追い落としに明け暮れる韓国政治は、肝心な時に政治空白を続けている。韓国社会がかくも前近代的なのは、地政学的な点から見ると半島国家ゆえに中国の大陸王朝に長年従属し、奴隷制社会が長く、戦国時代も経験していない為、社会改革が全くなされず。従って封建制度すら経験していないことが影響している。

李王朝の500年は奴隷制社会であるため、奴隷を楽にするための農機具の改良や治山治水が進まず農業生産性が低かった。日本の統治下で農業生産力が急速に上がり人口が増えたのは当然であった。日本の統治と戦後の賠償金が、韓国の資本主義化を大きく前進させた側面を無視してはいけない。

現在の韓国社会は、この李王朝の奴隷主としてのヤンバン支配のしっぽを持っている。奴隷制時代の古臭い儒教の影響を受けた家族主義と序列主義や性接待の特徴はヤンバン支配の名残なのである。日本の場合、敗戦でのGHQの「戦後改革」で革命的・民主的改革が行われた。日本の国民は努力してそれを受け入れ実践した。財閥の解体で軍事産業も消滅し、企業間の競争が確保された。農地改革で地主階級は消滅し、日本軍国主義の階級的基礎は解体され、急速な戦後復興の体制が作られた。

ところが韓国は北朝鮮との38度線での対立=冷戦で、社会改革はなおざりにされた。サムスン1社が韓国経済の20%を占める、韓国経済は少数の家族が支配する財閥が支配している。これが韓国にまともな一流企業が一社もない、自分の力で高度な技術を開発する企業が少なく、技術のパクリ体質が産業構造の高付加価値生産への転換を不可能にしている。韓国経済に必要なのは少数の家族が支配する財閥の解体なのだ。そうしないと韓国で有力な中小企業が育ち始めても財閥が陰謀で潰してしまうのである。

韓国社会の奴隷制の残滓は、社会における陰謀や民主主義的な遅れや、政治面での遅れに見ることができる。韓国教育界における権威主義や、政治における悪いことは全て日本の植民地政策に求める誤りを指摘しなければならない。諸悪の根源は李王朝以来の自分たちの社会改革への無関心であるのに、全て「反日」で自分たちの社会改革に対する努力の無さに気付かない政治・思想面・社会改革面の遅れを韓国は自覚すべきなのである。韓国に必要なのは「反日」ではなく財閥の解体なのだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治