FC2ブログ

北朝鮮の核実験が与える外交的影響!

報道によれば、北朝鮮北東部で自然の地震ではないマグニチュード5、0の人工的地震を観測した。北朝鮮政府は「核弾頭の実験を行った」事を発表した。今年に入って北朝鮮は弾道ミサイルの実験を合計21発行っており、最近は潜水艦発射弾道ミサイルの実験まで成功している。北朝鮮の核開発は今年に入って格段に進んだ。

重要なのは国連の決議がいともたやすく破られても、北朝鮮への経済制裁が中国のポーズだけのため何の効果も上げていない事である。日本政府は制裁の強化を行うと語ったが、今以上の制裁が可能とも思えない。アメリカのオバマ政権では北朝鮮への軍事行動も考えられず。そもそも国連の安保理が北朝鮮に舐められている。

北朝鮮の核装備で安全保障上の脅威を受けるのは韓国と日本であり、この両国とも核保有を選択するほか対処が無いように見える。北朝鮮が強硬姿勢を貫けば貫くほど、アメリカの無力が際立つかのようにも見える。

核兵器は保持している相手には使えないが、保持していない相手には使える兵器なので、日本の安全保障が危機に直面しているのである。

特に韓国は中国の顔色を見て、ミサイル防衛に参加していない為、日本以上に安全保障上の危機に有る。朝鮮半島の戦略関係は北朝鮮有利に転じたと見てよい。国連の安保理が軍事制裁に踏みださないなら、世界中の国が核装備に走る可能性がある。

国連安保理決議を踏みにじった国が、安全保障を鉄壁にし、非核を貫く韓国や日本が戦略的劣勢に立たされることになった。アメリカが覇権を行使しない以上、世界は軍事力が全ての時代に突入しているのである。

北朝鮮のキム王朝は、側近を処刑しまくり、今や国際的緊張状態だけがこの愚劣極まる体制を存続させることができる。人民内部の矛盾と敵対的矛盾の区別もできない金正恩体制は、次々と高官が逃げ出し、相次ぐ処刑でいつクーデターが起きてもおかしくない。政権の崩壊が起きた時、核兵器のボタンを誰が握るのだろうか?日本と韓国内で核武装の声が高まるであろう。双方が核を保持しない限り使えない兵器にはならないのである。核武装はとりもなおさず日本の自立の問題であり、アメリカがそれを許すかどうかが問われている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治