fc2ブログ

君が代起立条例の策動に反対する!

大阪府の橋下知事と「大阪維新の会」の府議団は、府立学校の卒業式等の「君が代」斉唱時に教員に起立を義務付ける条例案を5月府議会に提出することを決めた。
橋下知事自身が、起立せぬ教員を「辞めさせる」と何度も発言し、不起立を繰り返した教員の学校名と実名の公表を検討する考えを表明している。
東日本大震災後の行き過ぎた自粛ブームと「日本は一つ」のPRが洪水のように流れる中で、かっての侵略のシンボルであった「君が代」の斉唱時の起立を強制する条例が出てきたことは、かっての関東大震災後に、大正デモクラシーが一掃され、日本全体が全体主義・軍国主義へと突き進んだことと重ね合わせて考えずにはおれないのである。
橋下知事の「君が代」条例は「思想及び良心の自由はこれを侵してはならない」と定める憲法19条に反しており、また教育基本法が禁ずるところの、教育に対する不当な支配である。
なりよりもアジアの人々にとっては「君が代」は侵略のシンボルであり、これを強制することには慎重であるべきだ。
アジアとの経済交流で大阪を発展させる上で君が代条例制定は障害となりかねない。
重要なことは「君が代」強制に天皇陛下ご自身が常に反対している。
日本の国民は、東日本大震災を利用した全体主義的策動と世論誘導に警戒感を高めなければならない。
橋本知事は「君が代」斉唱時に起立を強制すれば愛国心が高まるとでも思っているのだ。
国民の「国を愛する心」は、日本の国を従属国から自立を達成して初めて生まれるのである。決して強制から生まれるのではないのである。
スポンサーサイト



コメント

No title

「日の丸」「君が代」強制は
江戸時代の踏み絵と同じ発想から出ていますね

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治