fc2ブログ

新党ブームの意味するもの?

政権から転落した自民は、総選挙敗北も総括できず、従って教訓も党再建の方途も見出せず漂流している。
本来ならば政権転落の原因となった「小泉改革」とは何だったのか?総括しなければならない。ところが谷垣執行部は無能なので離党者が続出し、新党ブームが起きているのである。「みんなの党」「立ち上がれ日本」さらには首長党の動きまで出ている。「立ち上がれ日本」などは「シルバー党」「立ち枯れ党」「家出老人」などと揶揄されている。それは彼らが今日の自民党の苦境を作った張本人だからである。
自民党は、大資本家・中小資本家・農民・漁民などのあらゆる階級の利益を代表した。つまりオールキャッチ政党なので長期政権が可能だったのである。しかし「小泉改革」は大企業と大金持ちだけの利益を代表した。格差社会がそれを証明している。こうして自民の支持基盤が民主に奪われることになった。
民主党は、官僚とアメリカの権益に手をつけている。官僚の天下り先への事業仕分けと普天間基地問題がそれである。官僚とアメリカは、マスコミを使い民主党に反撃した。その結果無党派層が民主党から離れたのである。
こうして第三極作りの新党結成の動きが続出することとなった。
ところで野党の分化は、結果として民主党に有利に働く、国民は「よりましな政府」の視点から鳩山政権の節約のための事業仕分けを支持するであろう。新党の消費税増税による財政再建は支持されない。
つまり、新党ブームはオールキャッチ政党(自民)の解体現象なのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治