FC2ブログ

イギリスのEU離脱問題が示すもの!

EUの経済統合が政治統合へ進む中で、イギリスの文化もEUのなかで希薄になるのは当然で、しかも難民を受け入れることはEUの発展を考えると、安上がり労働力の流入が必要なのだが、それは労働者には賃金が上がらず、仕事を奪われることでもある。しかも「ゆりかごから墓場まで」と形容されるイギリスの福祉を多数の難民にも補償するには増税は避けられない。

しかも難民の増加は経済面でプラスであっても治安面では悪化するので、イギリス国民が国民投票でEU離脱を選択しょうとすることも理解できる。しかし離脱すると、イギリスをEU市場への輸出基地として進出している多くの日本企業が打撃を受け、工場をフランスやドイツに移すことになり、イギリスで雇用が大量に失われる事になる。

最も重要なことは、EUからイギリスが離脱すると、より一層難民を抱える事になるEU内の矛盾が激化し、欧州の経済危機が激化する可能性が強いことである。もしEU離脱が現実のものとなれば、EUは各国の文化まで統合するのか?各国の特殊性を認める柔軟性を選択できるのか?という問題が持ち上がるであろう。特に難民を欧州が受け入れ続ける政策に無理がある。

中東を宗派争いで武器市場に変え、戦場に変えた今、今後も際限の無い難民が流出する可能性がある。中東には莫大な石油収入を上げる豊かな国がいくつもある。サウジやアラブ首長国連邦やクエ―ト等はなぜ難民を受け入れないのか?中東の難民は中東に難民キャンプを作り、経済支援で維持する方がいいに決まっている。

難民を欧米が受け入れれば、それと共にテロを拡散することになる。重要なのは中東を武器市場に変えたアメリカの政策を変更することである。これ以上の難民を出さないようにし、難民問題でEU統合が分裂したり、経済危機を招くことを避けなければならない。現状のままでは欧州諸国は極右が台頭し、犯罪が増え続け、経済危機の上に社会的危機を招くことになりかねない。

つまり世界中がイギリスのEU離脱に注目するのは、その反響があまりにも大きいからである。離脱が決まれば世界中で株価が暴落し、一大経済危機が生まれるであろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治