FC2ブログ

パナマ文書の脱税金持ち400人の氏名と資産を公開せよ!

世界中の政治家や大金持ちを揺さぶり続けるパナマ文書とは、タックスヘイブン(租税回避地)のケイマン諸島などに脱税目的で隠していた資金に関する流出した情報のことである。

この文書に日本企業の61兆円の隠し資産があるとか、日本人の脱税富裕層400人の名前が載っていると言われている。

もし脱税企業の隠し資産に法人税をかけたら、消費税増税など不要になる。日本の脱税金持ち400人の隠し資産が一体いくらになるのか是非公開してほしい。

公開できるのは日本のマスコミでは国際ジャーナリスト連合(「ICIJ)に加盟している朝日新聞か、もしくは共同通信だけである。朝日新聞がパナマ文書の脱税企業と個人の名前と隠し資産を公開したら、大企業の広告が減少し、潰れかかった朝日新聞の部数増での再建につながる可能性が出てきた。

朝日新聞は既に「ICIJ提携記事」を紙面に載せ始めている。日本の400人の脱税大金持ちが朝日新聞を戦々恐々で見ているのであろう。しかし、日本の上位50社のうちタックスヘイブンに資産を隠している45社の広告が朝日新聞に掲載されることになるかもしれない。

日本の貧者=国民は、今朝日新聞の紙面に注目しているのである。朝日新聞の「ICIJ提携記事」が広告の拡大にではなく、国民の前に、真実を暴露することに使われることを我々は期待したい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治