FC2ブログ

野党は9条を宝とする法的観念論を克服せよ!

知人が昨日土井たか子をしのぶ社民党の集会に参加したそうです。多くの人が集まったそうですが高齢者が多かったようです。共産党もそうですが社民党も集会では憲法9条を守ることばかりです。まるで憲法9条が戦後の日本の平和を保障したかのようです。

戦後の日本が70年間平和を守ったのは世界最強の米軍が居座る日本に、何処の国も手を出さなかっただけで、憲法9条があったからではありません。憲法9条は「平和条項」のように観念的平和主義者は言いますが、決してそうではありません。

憲法9条は、アメリカ軍が日本に居座るために日本に押し付けたのであり、むしろ「従属条項」と言うべきものであるのです。ところが法的観念論者は「憲法9条は日本の宝」とまで言います。そこには日米安保条約が、アメリカの日本に対する支配・従属関係を規定し、憲法がそれを条文化したのが9条なのです。従って憲法9条を信奉する人達はアメリカの日本支配を容認する民族的裏切り者だということを指摘しなければなりません。

日本はアメリカの従属国であり、多額のアメリカ国債を買わされ、毎年多額の思いやり予算等米軍基地の受け入れ国支援の金を負担しています。これはアメリカによる日本の国家予算の分捕りに他ならず、日本は戦後70年経っても他国の支配・従属を受けているのである。

我々は、日本は対米自立し、自分の軍事力で自分の国を守ることのできる国になるべきであり、その為には憲法9条の従属条項を廃棄しなければなりません。日本が戦争放棄を掲げても中国や韓国や北朝鮮は日本への報復の野心を燃やしているのであり、国際情勢の変化を無視した観念的平和主義では日本を再び亡国へと招くのは分かりきったことです。

共産党や社民党は9条を「日本の宝」とする誤りを正し、対米自立の民族的要求と平和主義の堅持の路線へ舵を切るべきである。そうしないとこれらの党は国民から見捨てられることになり、消えゆくことは避けられない。戦争は政治の継続であり、国家間の経済的・政治的対立が戦争へと転化するのである。従って経済危機と政治危機の時代には戦争は必然であり避けられない。いかに戦争国家アメリカから自立し、平和主義を堅持するかを日本は目指すほかない。観念的平和主義も、自公の対米追随一辺倒も「亡国の道」であることを指摘しなければならない。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治