FC2ブログ

北朝鮮外交を根本的に換えるべきである!

北朝鮮が瀬戸際外交をを進めるたびにアメリカは食糧援助や原油援助で答えた。北朝鮮の瀬戸際外交は、たえず見返りを得てきた。これは韓国のでっち上げの20万人性奴隷外交の度に日本は謝罪と金を支払ってきた。半島の強請りたかり外交は長い中国王朝への従属の中で形成されたものでありしたたかで、陰謀的で恥知らずを相手にしていることを指摘しなければならない。

北朝鮮の日本国民の誘拐・拉致は国家機関が行ったもので元々調査機関を作る性質のものではない。日本政府はやすやすとだまし、見返りを得られると思わせた間違いを指摘しなければならない。核とミサイル開発には日本が核とミサイルを保有すれば、見返りを与えなくともいいのである。拉致被害者を取り戻すなら、現王朝をどのように打倒するかを外交の方針とすべきである。

アメリカと中国が半島の現状維持で合意しているのだから、北はやり放題であり、核とミサイル開発で韓国と日本の防衛が危機にさらされている。北朝鮮国家は奴隷制の王朝であり、それゆえ他国の民を平気で誘拐するのであり、それは奴隷制王朝の思考方法なのである。

韓国は奴隷主のヤンバンの支配する発展途上国であり、彼らはだまし、陰謀で富を得ることを本分と考えている。韓国の外交は「ヤンバン外交」であり、その本質は北朝鮮とたいした違いはない。奴隷制の大王(=金正恩)かそれとも奴隷主のヤンバンか、それが北と南の外交なのである。

北朝鮮への制裁と言っても中国は今も北朝鮮と貿易を大々的に行い、経済的に北朝鮮を支えている。日本の民間船用のレ―ダ―が北朝鮮の軍艦に装備されているように中国を通じて北朝鮮は核・ミサイル開発のための部品を日本から手に入れている。日本が北朝鮮に制裁を行うなら中国へも制裁しなければ意味がないのである。

見せかけの6カ国協議というアメリカの現状維持の消極的な姿勢は、北朝鮮の核・ミサイル開発を容認しているに等しいのである。北朝鮮の政権を変えるための外交へとアメリカに方針を転換するように働きかけるべきである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治