FC2ブログ

韓国大統領の「覆面デモ禁止」が示す独裁政治!

パククネ政権が進める歴史教科書国定化の動きや政策に対する市民運動への対応が反発を呼び起こしている。韓国のデモ隊がマスクやタオルで顔を隠すのは、公安警察に写真を取られて弾圧されるからである。普通デモ隊は市民に訴えるため素顔を出した方がいいのだが、顔写真を公安に取られるから顔を隠すのである。

ところが韓国でデモや集会での仮面や覆面の着用をめぐり規制する論議が起き、11月24日にはパククネ大統領が閣議で「覆面デモは出来ないようにすべきだ。イスラム国(IS)もそういった事をしている」と自国のデモ隊をイスラム過激派になぞらえた発言をしたことで野党支持者を中心に反発が広がった。

このため12月5日にソウルで開かれた労働組合主導の集会では参加者の大半が覆面を付けて「覆面禁止」への反対の意思を表明した。国会では与党セヌリ党がデモでの覆面着用を禁止する法改正の構えを見せ、野党が集会の自由等の観点から反発しているという。

この韓国でのパククネ大統領の発言に世界の主要メデアが驚きと懸念を表明している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのソウル支局長は「韓国の大統領が自国のデモ隊をイスラム国に例えた」との驚きをネットにつづり、ニューヨーク・タイムズは海外からの韓国の評判を左右するリスクは経済ではなく政治だ」と報じ、米誌ネーションは「独裁者の娘が労働者の弾圧に乗り出した」と報じた。中国の新華社は「国定歴史教科書は、過去の軍事クーデターを美化し、若者の多様な歴史解釈を妨げる」と批判した。

韓国は今も独裁政治であり、独裁者が行方不明だと沈没する船から閉じ込められた船内から子供たちを助けることもできないのである。独裁下で労働運動が弾圧される社会では内需は小さく、それゆえ経済は輸出中心になる。その輸出が減少し始め4年間続いた輸出1兆ドル時代が終わった。

韓国経済は技術で中国に負け、価格でも日本に負ける事態になり、しかも韓国の最大輸出国の中国経済の失速で先行き厳しい経済局面にある。韓国は1億ドル輸出を達成した企業が昨年の95社から59社へと38%も減った。韓国経済の落ち込みは危機的なのに、政治もリスクだというのである。硬直した独裁政治で、韓国が危機を乗り切れるのか世界が注目している。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治