FC2ブログ

辺野古埋め立て問題で報道されないこと!

翁長知事が辺野古埋め立て承認を取り消し、国との全面対決=法廷闘争になることが確実となった。報道では翁長知事の狙いが一切報道されない。これはどうしたことであろうか?

沖縄の前知事が辺野古の埋め立てを承認したのと引き換えに、沖縄県は開発資金3000億円を国から手に入れた。しかし普天間の移転先の辺野古に基地ができると沖縄の人達は困るのである。米軍基地の土地代年間800億円が入らなくなるのである。

そこで翁長が「県内移設反対」を掲げて知事に当選し、今回の埋め立て承認の取り消しとなった。もちろん巧く行けば沖縄県はもう一度金を手に入れられるのである。沖縄の人達は「基地はいらない」と言いながら、実は普天間基地がないと困るのだ。土地代だけではなく、基地で働く多くの労働者は本土の人達より高給取りなのだ。

本当に沖縄の人達が米軍基地がいらないのなら「対米自立」を掲げればいいのだ。ところが沖縄の人達は基地移転を「県外」としか言わない。米軍は朝鮮半島と台湾、東シナ海と南シナ海を睨んで沖縄の地政学的な基地の重要性を認識している。沖縄の人達にとって、基地は反対だが、それは「金のなる木」であるからだ。

アメリカ軍も日本政府の思いやり予算で、日本の米軍基地の資産価値が極めて高いことを理解している。年間2000億円も負担してくれる国などないのである。普天間基地の移転で日本政府は米海兵隊のグアム基地建設の費用さえ負担させられた。普天間移転問題で米軍と沖縄は日本政府から思うさま金をむしり取っているのだ。

日本国民はいいかげん沖縄県と米軍の「汚い共闘」を見抜くべきである。日本は対米自立し、自分の国は自分で守るようにすべきなのである。沖縄県のやり方は韓国のやり方とよく似ている。日本政府から金をもぎ取るには何でもやる連中なのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治