FC2ブログ

米中の対立回避したオバマのことなかれ外交!

オバマ大統領と中国の習近平国家主席は25日ワシントンで会談した。今回の習近平の訪米は初の国賓としてのものとなった。

この会談内容はサイバー攻撃問題では、両国政府は知的財産に対するサイバー攻撃を実行、支援しない、ことで合意し、軍事分野では空軍間の偶発的衝突回避のための行動規範で合意したぐらいで、他には成果らしきものは見当たらない。特に注目された南シナ海の軍事拠点化問題では「深刻な懸念」を表明するオバマに対し、習近平は「南シナ海の島は昔から中国の領土だ」と反論、「埋め立てはいかなる国にも影響を与えず、軍事拠点化するつもりもない」と答えたが、現実には着々と軍事拠点化が進んでいる。

オバマが提起した人権や民主化問題では、習近平は「国によって歴史違う」として「それぞれ異なる歴史や国情が尊重されるべきだ」とのべ、かみ合わない議論となった。アメリカにとっての唯一の成果は旅客機300機の購入という経済的成果だけとなった。

習近平は大統領選をまじかに控え、オバマ政権がレイムダックの季節に入りつつあることを読んだ上で、アリューシャンでの米領海を海軍艦船5隻が意図的に通過し、また黄海で米軍偵察機に戦闘機を異常接近させて挑発し、アメリカの反応を試す等オバマの弱腰を見越した布石をしてきた。

米中首脳会談の結果は、習近平の読み通りオバマは中国との対立を回避し、経済的利益をのみ得る対応をした。中国側が狙った「新型の大国間係」へのオバマの承認はなかったものの、軍事大国化の時間的余裕を得ることでは習近平が戦略的に成功した形となった。

オバマは経済重視・非介入主義であるので、始めから習近平に足下を見られており、ことごとく意見が対立しているのに、決裂と見られないように体裁を整えた情けない会談となった。オバマと習近平の記者会見は冷めた雰囲気の中で笑顔の無いまま形ばかりの握手をして会見は終わった。つまり米中首脳会談は事実上の決裂だが、政治的にそうは取られないように政治的に配慮したものとなった。

つまりオバマが習近平に足下を読まれ、舐められ、侮りを受けた首脳会談となったと言える。日本は戦後70年がたったのに何時までこの情けないオバマ政権を頼りにするのか、考えるべき時に来ている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治