FC2ブログ

安倍首相は対ロシア関係改善に踏み込め!

安倍首相が対ロシア関係改善に踏み込むことにためらいを見せているように見える。その理由はオバマ米政権がウクライナ問題での対ロシア制裁の足並みを乱さないことを安倍首相に求めていることがある。

安倍の先の訪米では、オバマは安倍のプーチン訪日への暗黙の容認を与えたと報じられている。しかし、その後アメリカ政府筋からはプーチン訪日に慎重な対応を求める動きが出ている。

ウクライナ問題はプーチンが仕掛けたものではない、アメリカがクーデターを仕掛けたのであり、プーチンは無理やり地政学に目覚めさせられたというべきである。つまりロシアを中国側に追いやることで日本の安全保障が2正面の危機に直面しているにおである。アメリカはこのことで日本を自立させず、アメリカの戦略に自衛隊を取り込むことを狙っている。ウクライナ問題は政治的に作られた領土問題と見るべきである。

しかもオバマは「同盟国の争いに巻き込まれたくない」と2度も演説した。これでは戦争法でアメリカの戦争に協力しても、アメリカが中国の攻撃から日本を守ることは期待できない。しかもアメリカのオバマは中国の習近平を訪米させ巨大な経済的利益を得ている。

日本が中国からロシアを外交的に引きはがし、経済相互依存関係を深めることは日本の戦略的課題になっている。たかがウクライナ問題で、この戦略課題を投げ捨てるバカはいない。アメリカは中国の習近平の訪米を許したのに、日本のプーチン訪日には反対するのは筋が通らないのである。日本は中央アジアよりも、北東アジアの問題をこそ外交的に優先しなければならない。

このことは安倍には分かり過ぎるほど分かっている。彼が心配なのはアメリカのオバマを怒らせはしないか?という親米従属派らしい心配なのである。しかしアメリカではすでに大統領選の予備選が始まっている。オバマ政権は既にレイムダックの時期に入っている。国際経済が長期低迷に入りつつある時、欧米の対ロシア経済制裁は愚策としか言いようがない。

安倍首相は、日本の国益に立って対ロシア独自外交に舵を切る勇気を持つべきである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治