FC2ブログ

朝鮮半島の戦争状態=大山鳴動して鼠一匹!

いつものことだが、前触れの騒ぎは大きくて、準戦時体制だの、潜水艦艇50隻の出撃だのあたかも戦争が始まるかの騒ぎはいつもの北朝鮮の「瀬戸際外交」の一幕であった。

北朝鮮王朝は国際的に孤立し、朝鮮戦争の時の中ソの後ろ盾は今は無い。3代目は内部矛盾を敵対的に解決して墓穴を掘っている。韓国はどうかと見ると愚かな大統領が「バカの一つ覚え」の「歴史認識」でこれも外交的に孤立している。しかも双方とも経済ががたがたで、よくこれで政権が持っているものと感心する。

北朝鮮側は地雷爆発に遺憾の意を表明し、韓国側は報復措置として再開した拡声器による宣伝放送を中断する。北朝鮮側は布告していた「準戦時体制」も解除する。要するに双方とも戦争する金も無ければ力もないのである。韓国等はウイルス性の伝染病で観光客が激変し、それがやっとおさまった時に戦時体制で外国人観光客が減り続けると経済が持たない。

朝鮮半島の政治とは、陰謀と陰謀の闘いの歴史だと、韓流ドラマを見ればおよそ理解できる。だから最近では38度線をめぐる陰謀合戦に日本人もなれてしまい、いつもの「大山鳴動して鼠一匹」の猿芝居に驚きもしなくなった。

日本も古墳時代=奴隷制の時代には陰謀が繰り返され、毒殺までも行われた。韓国は最近まで、李王朝が奴隷制社会だったので王権とヤンバンの争い=陰謀の歴史であった。日本人は韓国や北朝鮮の陰謀政治に騙されないようにしなければならない。

それには原則をはっきり決める必要がある。国土を盗み取られたら経済制裁で対抗する。仏像を盗みとれば返還を要求し、返さなければ経済交流を縮小する。ありもしない20万人の性奴隷をでっち上げれば、経済断交で対抗する。陰謀政治にはけじめを付けることが重要で、謝罪すれば良いというものではない。

日本政府はいいかげん半島の陰謀政治を理解し、反撃の方法を学ばねばならない。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治