FC2ブログ

この夏安倍首相の対応が注目される!

この夏、安倍首相の戦後70年談話が発表される。中国や韓国は侵略戦争への謝罪が入るかどうかに注目している。しかし日本国民は中国と韓国の謝罪の要求にうんざりしている。毛沢東は日本からの訪中団と会見する度に、あなた方は戦争を謝罪する必要はりません。日本人民も中国人民も日本軍国主義の犠牲者です。我々は日本軍国主義との抗日戦争で政権が取れたのです。と繰り返し述べた。

現在の日本はかっての軍国主義の日本ではない、だから70年もたってなぜ未だに謝罪しなければならないのか?理解出来ない。戦後賠償問題は歴史的に解決済みであり、謝罪はしないという安倍首相の考えは正しい。

第2次世界大戦うち、日本とアメリカの戦争は強盗同士の戦争であり、日本のアジア各国への侵略戦争は動かしかたい事実である。中国と韓国の謝罪の要求には政治的狙いがある。中国は拡張主義であり対日報復戦争の名目で侵略を狙っている。韓国の「反日」は強請りたかり外交に過ぎない。

中国が抗日戦争70周年の軍事パレードを行うことに、安倍首相がどのように見解を示すのか注目される。安倍談話では中国・韓国の「反日」に一定の批判を是非行ってもらいたい。

日本は戦後平和主義を貫いている、しかし中国は戦後チベット、新疆ウイグルを侵略し、朝鮮戦争を闘い、中ロ国境で戦争し、インド領カシミールを侵略し、ベトナムに侵攻した。現在の中国は東シナ海と南シナ海で侵略行為をしており、既に社会帝国主義に転化しており、新興の帝国主義として凶暴性を持っていることを各国は理解しておくべきである。

韓国の経済危機でパク・クネは日本に経済援助が欲しいところだが「反日」が災いして援助をお願いできない。韓国に安倍首相がどのような対応をするのか?首脳会談は有り得るののか注目される点である。パク・クネは1000年併合の恨みを持ち続けると言っているのに、慰安婦問題で賠償しない安倍首相と外交関係を改善できるのか注目される。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治