FC2ブログ

戦争中20万人の女性を強制連行し性奴隷にしたは嘘だった!

アメリカ人ジャーナリスト・マイケル・ヨン氏が記事を発表している。その翻訳文がネットで公開されている。

その記事によると第二次大戦中、旧日本軍が20万人もの韓国人女性を強制連行して、性奴隷(慰安婦)にした、との主張が韓国政府によって世界中に振りまかれていることについて、アメリカ政府は30億円超の費用と大勢の政府職員や歴史学者を動員して、約7年の歳月をかけて調査した。

アメリカ政府が保管している第二次大戦中の資料は約250万件だという。この調査の結果韓国政府が主張している証拠は一つも見つからなかった。約30億円(3000万ドル)が無駄に費やされた。(この最終報告は2007年にアメリカ議会に提出され、発表された)

韓国大統領のパククネは嘘と証明された20万人の韓国女性の強制連行と性奴隷の話をしつこく世界中に振りまいている。マイケル・ヨン氏は以下のように書いている。「この主張がブーメランのように戻ってくる様子を想像してみよう。朴大統領は日本が数10万人の韓国女性を、性奴隷にする為に強制連行したといううが、彼女の父親はその当時、日本軍の陸軍将校だったのだ。しかも韓国人男性が日本軍の行為に反抗して闘ったという証拠は何も残っていない」と。

つまり「第二次大戦中、韓国人男性が臆病者だったとでも言うつもりか?」とマイケル・ヨン氏は反問する。少し戦史を紐解けば、兵士の食糧すら十分に戦地に輸送出来なかった旧日本軍に、20万人の従軍慰安婦を輸送し、喰わせる余裕などなかった事は明らかで、すべてはでっち上げと分かる事だ。

そうであればパククネ韓国大統領はなぜ従軍慰安婦問題の解決をいまだに叫んでいるのか?その動機に着目すべきである。韓国では何故か?大統領は暗殺か、自殺か、逮捕・投獄だ。国民の批判が怖ければ「反日」をやれば支持率は高まるのが韓国だ。しかもパククネの父親は親日と見られている。パククネは嘘と分かっていても「反日」を演じ続けなければ殺されかねない存在なのである。

こうして「20万人の韓国女性の強制連行と性奴隷の話し」が世界中に振りまかれ、アメリカでは慰安婦像までもがつくられる騒ぎになった。こうして韓国国民は「反日」日本国民は「嫌韓」が高まり、窃盗団まで日本に送りこんで仏像を盗み出し、その盗んだ仏像を返さない韓国政府に多くの日本人は怒りを高めているのである。韓国国民は、日本政府が韓国政府に戦争賠償金を支払い済みであることを知らされていないのである。

アメリカ人ジャーナリスト・マイケル・ヨン氏は、IWGの最終報告書を読んでほしい、と結んでいる。日本の新聞やテレビが何故この報告書を報道しないのか?不思議である。真実を報道するのがマスコミの責務ではないのか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治