FC2ブログ

韓国政府は事実を国民に告げるべきだ!

韓国から長崎県対馬市に仏像を盗みに来た窃盗団が逮捕された。2年前にも対馬のお寺から国の重要文化財の仏像2体が盗まれ、窃盗団は韓国の警察に逮捕されたが、仏像は未だに返してもらえない。日本には百済から伝わった仏像がたくさんある。

韓国は現在キリスト教と儒教が多数派で仏教徒は少ない。500年続いた李王朝は儒教を奨励し、仏教を弾圧したため仏教は壊滅状態となった。だからかっては韓国にあった仏像が今は多くが日本にある。これを窃盗団を送りこみ、盗ませることは恥ずべきことであるばかりか、信仰の対象の仏像を盗ませることは両国関係から見てもよくないことである。

韓国政府は、かって日本の竹島を盗んだ。歴史的に竹島が日本領であることは様々な資料から疑いない事だ。ところが韓国では政治家が反日をやると支持率が上がる傾向がある。だからどの政治家も竹島を反日に利用する。

従軍慰安婦問題など戦争賠償問題では、日本は国交回復時に韓国政府に個人補償も含めた賠償金を支払い済みである。ところが韓国政府はその事実を国民に隠蔽してきた。このため韓国国民は日本が未だに謝罪していない、と思いこまされている。日本政府は河野談話時に従軍慰安婦への賠償金を一人500万円を支払った。

ところがパク・クネ大統領は日本が2度も支払った賠償金をさらに獲得しょうと性奴隷なるでっち上げをこしらえ、世界中に告げ口外交を行った。これによって日本国民の嫌韓意識が国民的に高まり、自民内に右翼政治家を台頭させることとなった。

韓国国民が日本憎しを注入されているのは韓国政府とそのマスコミの出鱈目な宣伝なのである。今の日本はアメリカ占領軍が行った対日戦後改革によって、最早軍国主義の経済的基礎は無くなり、日本は民主国家となった。ところが韓国民は歴史を直視せず、未だに日本軍国主義が続いているかの宣伝を信じている。これは韓国政府の強請りたかり外交の産物であり、歴史を直視すべきは日本の方ではなく、韓国の方なのである。

韓国では何でも悪いのは日本のせいにする。歴史を修正しているのは韓国政府の方である。韓国の従軍慰安婦問題を追求する団体名に「女子挺身隊」の名前があることが韓国側の嘘を証明している。「女子挺身隊」とは女性の「勤労奉仕隊」のことである。旧日本の従軍慰安婦が性奴隷なのではなく、売春婦であった事は歴史的に証明されている。しかし日本政府はそれでも賠償金を2度にわたり支払った。

それでも韓国側が納得しないなら、国交断絶した方が両国の憎しみが今以上高まることがないであろう。すでに両国間の貿易総額は縮小している。今以上両国国間の憎しみが高まることがないようにした方がいい。その為には国交断絶して頭を冷やした方がいい。嫌日・嫌韓を終わらせるには両国の関係を断絶した方がいいのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治