FC2ブログ

米軍基地は、沖縄県民にとって「金のなる木」?!

先の知事であった仲井真氏は辺野古埋め立て承認と引き換えに沖縄復興資金として3000億円を政府から手に入れ、仲井真知事(当時)は「いい正月が送れる」と言った。これまでも沖縄は米軍基地を口実にして多くのカネを政府からせしめてきた。カネをせしめると、次の選挙では基地反対派が勝ち、基地問題は振り出しに戻る。カネだけは頂く、ということを沖縄は繰り返してきた。

今回も翁長(おなが)新知事は(1)沖縄防衛局が県に出した名護市長の反対に伴う工法などの変更申請の不承認。(2)仲井真知事の出した昨年末の埋め立て承認の取り消しーを検討するとしている。
普通世間では約束を反故にする時、見返りの金は返却するものだが、沖縄は今までこの手の詐欺のような手口で政府に金を返却したためしがない。

沖縄の人々は、「米軍基地の県外移設」を常に口にするが、対米自立だけは言わない。米軍基地は金儲けのタネとでも思っているかのようだ!結果米軍基地の無い他の離島は貧しいのに、沖縄県民は豊かな暮らしを保障されている。沖縄の人達が「米軍基地反対」を言いながら米軍基地を全て撤去する日本の対米自立だけは言わない。つまり沖縄県民の本心は「米軍基地様さま」と考えているかのようである。

同じように朝鮮半島の韓国・北朝鮮が「たかり・ゆすり外交」に長けているのと同じように、沖縄県民も米軍基地をネタに政府から強請りをしているように我々には見えるのである。沖縄県民が本当に米軍基地を全て撤去したいなら、彼らはなぜ「対米自立」の運動をしないのだろうか?

こうした点を不思議に思っている日本国民は、沖縄県民が独立投票でもしてくれた方がすっきりすると考えているのである。政府からカネを取る時は米軍基地に賛成し、カネを貰うとすぐ基地反対に転換する。これは沖縄県民ぐるみの詐欺ではないか?いい加減にしろ!と言いたい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治