アメリカとの同盟は半ば崩壊しかかっている!

トランプ政権は日本に対し「不公平な貿易で長年アメリカの富を奪ってきた」「日本は何年も貿易でアメリカに打撃を与えてきた」と非難する。しかし日本が長年貿易黒字でえた金で、多額のアメリカ国債を買い、対価なしでアメリカに富を貢いできたことには一言も触れない。

トランプは自国の貿易赤字を問題にするが、アメリカはドルを垂れ流して輸入品を手に入れている。日本の買っている米国債は、対価なしにアメリカに富を貢ぐことなのだ。日本は世界一の米国債購入国だ。その日本がトランプ政権に非難されているのに、日本政府は何ら反論できないのである。

アメリカはドルを垂れ流して安く商品を手に入れ、垂れ流したドルは米国債を買わせることで回収しているのだから、どちらが対価なしに富を奪っているのかは明らかだ。対価なしに日本から奪っている方が収奪者として悪辣であるのだ。

日本が防衛のためにアメリカからF22ステルス戦闘機を買おうとしたら売らなかった。アメリカは自分で貿易赤字を増やしたのではなかったのか?在日米軍のために日本は受け入れ国支援として毎年多額の資金を負担している。沖縄の米軍基地の地代だけで年間800億円を超えている。思いやり予算や米軍再配置の負担金を入れれば莫大な金額(年間7000億円超ぐらいか)になる。

日本はこうした米軍のための負担金を自国の防衛に使えば、アメリカ軍は撤兵しても自国の防衛ができるのである。日本は対米自立して十分に自国を防衛できる経済力がある。在日米軍が引き上げても、また中国の軍拡に対しても、防衛費をGDP2%ぐらいに増やせば十分対抗できる。武装中立で日本の平和主義は堅持できるのである。アメリカが日本と貿易したくないなら、ロシアや中国と貿易を拡大すればよい。貿易をすることが、イイコール富を奪うことだという相手に、従属する必要はない。日本は誇り高い道、すなわち対米自立の時が来ている。自分の国は自分の力で守るべきなのだ。
スポンサーサイト

日米同盟の強化とは何だったのか!?

オバマ前大統領の8年間に日米同盟の強化が進められきた。日本はアメリカの要請に応えて受け入れ国支援を増やし、米軍の再配置の費用まで負担した。ところが大統領がトランプに変わったとたん、アメリカは世界の警察官をやめるといい、日本や韓国に防衛費をもっと負担せよ、米軍はアジアから引き上げるとの方向が出てきた。

韓国のように外交交渉で慰安婦問題の最終的解決も、大統領が変わると元の黙阿弥で外交の成果は消え去る。アメリカでさえも韓国と何ら変わらない、日米間の外交の継承性は完全になくなったとみてよい。「アメリカ第一主義」の国と同盟関係が強化できると考える安倍外交は完全に破産した。

安倍首相のトランプ一辺倒が日本外交を孤立に向かわせつつある。安倍首相は「日本は100%アメリカと共にある。」とのフレーズを何回も繰り返すが、その日本がアメリカに貿易戦争の標的にされ、事前の通告なしに米朝会談を決められた。とても同盟国の扱いとは言えない。この点について安倍首相は国民にどう説明するのか?聞きたいものである。

トランプの「アメリカ第一主義」とは貿易関係で同盟国を敵視することであり、そのような身勝手なアメリカに日本の防衛を依存する危険を指摘しなければならない。日本は対米自立し、対ロシア外交を改善して、2正面を回避する戦略外交が必要である。日本は中国覇権主義の侵略の標的となっており、アメリカの支援なしに中国拡張主義の侵略に備える決意が必要である。

アメリカから核兵器を購入し、中国・北朝鮮の核恫喝に備えなければならない。貿易黒字を減らすには日本がアメリカから買えるものは核兵器ぐらいしかないであろう。アメリカの方から貿易戦争の標的にしてきたのであるから、日本は対米自立の好機である。アメリカも対等の同盟関係を求めているのだから、もはや日本の防衛を他国に依存する時代ではない。対米自立・自主防衛のために日本は防衛力を早急に強化しなければならない。アメリカが核を売らないなら、自分で核装備する選択も避けることはできない時代なのである。もはや、おめでたい観念的平和主義をすて去る時が来た。

安倍首相の対韓国外交の弱腰は日和見主義だ!

韓国の政治家に歴史問題で何回も謝罪し、何回も金を払う。そのように譲歩してもすぐ覆され、約束は守られたことがない。その韓国がオリンピックで北朝鮮の太鼓持ちをし、美女応援団で核・ミサイル開発の時間稼ぎをするのに、なぜ安倍首相が訪韓するのか?人がいいのもいい加減にして欲しい。

統一旗に竹島を書き加えたことを口実にしてもよく、慰安婦合意の蒸し返しを口実にしてでも安倍首相はオリンピックを欠席すべきだった。いくら日本が侮りを受けても、慰安婦像で世界に恥をかかされても、慰安婦は将校相手の売春婦だったと事実を世界に公言できない安倍首相の弱さが問題である。

竹島を獲られても、対馬の仏像を盗まれても、なぜ安倍首相は黙っているのか?韓国に経済制裁ぐらいしたらどうか?そんな体たらくだから北朝鮮の拉致問題も何も解決できないのであろう。日本外交は半島では無きに等しい体たらくだ。北朝鮮の密漁船を拿捕し、拉致家族と交換を申し入れることぐらいしたらどうか?

韓国の文政権は中国・北朝鮮の味方であり、米日韓の同盟は今や破棄寸前だ。国連の制裁の最中に北朝鮮への人道援助をすると表明した裏切り者でもある。その点を指摘して首相はオリンピック訪韓を中止ぐらいしたらどうか!?

日本外交とは、でっち上げの20万人性奴隷問題で何回も韓国に謝罪し、何回も金を払う屈辱外交をいつまでやるつもりなのか?呆れるほかない。安倍政権は本当に右翼政権なのか?民族政権なのか?国民の目にはそうは見えない、相変わらずの日和見屈従外交ではないのか!恥を知るべきだ。

外国人観光客の増加が日本の評価を高めている!

旅は人を育てると言われる。日本を訪問する外国人が急増しているが、そのことが日本に好感を寄せる外国人を世界で増やし続けている。

反日教育で日本人を「鬼子」と呼ぶ中国人や韓国人ですら、日本旅行をしたら帰るのが嫌になると言われている。アメリカ人でも日本旅行の魅力にとりつかれるという。

日本人が親切で、礼儀正しく、モラルがあり、町が綺麗で、風景が美しい。地震であれ洪水であれ、日本では暴動など起きない、いつも秩序ある行動が日本人の美学である。

この日本人の秩序ある行動は、災害列島と言われる日本の特質から養われた資質であろう。火事、地震、火山の噴火、洪水、土砂崩れ、日本人が災害が多い国土で生きていくには協力して生き抜くほかなかったのであり、その日本人の資質と社会が多くの観光客に称賛され、日本が好きになる外国人が増え続けている。

その中には日本には人種差別がない点も支持されている。黒人も白人も外国人と呼ばれる、日本は世界でも少ない人種差別のない国でもある。これは世界の片隅(極東)にある地理が影響している。日本人は古代から「渡来人」を尊重してきた民族なのだ。

いま日本海側の海岸に遭難した北朝鮮の漁民が多く流れ着いている。彼らに今の日本の実際の姿を見せて、北朝鮮の実際と比べられるようにして帰国させるように政府に望みたい。今の北朝鮮が日本人を拉致し、偽札や覚せい剤や麻薬を売りさばいていることを教育してから帰国させるべきである。

まさに「100聞は一見に如かず」である。封鎖された奴隷制国家である北朝鮮の民は嘘を吹き込まれており、独裁者が注入した誤った認識を打破して帰国させるようにしてほしい。いま日本文化こそ一番強力な日本外交の「武器」なのである。

日本国民の政治認識を曇らせる政治観念論を批判せよ!

日本の野党の「憲法9条は日本の宝」という法的観念論は百害あって一利なしである。アメリカが日本を永遠に従属国にするため押しつけた現憲法がどうして「日本の宝」なのか?理解出来ない。侵略戦争を放棄することと、自国を防衛する権利とは矛盾しないのに、正義の戦争と不正義の戦争を一緒にする事は「味噌とくそ」を区別しない間違いなのだ。

しかも安倍政権は、アメリカの大統領に「アメリカ第一主義」のトランプ政権になっても、アメリカ命の「忠犬」ぶりである。同盟国と言うのは共通の利益があるから成り立つのだ。自分の国第一の国と同盟が成り立つはずがない。日本は対米自立すべき時が来ているのに、知らぬ振りをするのは日本を亡国に導きかねない事である。

国際政治評論家の中に、アメリカの中に「多極主義者」がいるという珍論を展開するバカ者がいる。現在のアメリカの覇権の相対的弱体化は資本主義の不均等な発展の結果であり、世界情勢は経済的基礎から分析しないと理解出来ない。理解出来ないからと「多極主義者がいる」という珍論を持ち出しては世間を混乱させるだけで、おめでたいとしか言いようがない。

安倍首相のお気に入りの言葉は「地球儀を俯瞰する外交」であるが、これに基づき安倍首相は主に中国の周辺国に経済援助をばら撒いたが、これが一国の戦略だというのだからあきれ果てた首相だ。だから実際の安倍外交は、ただただアメリカ追随一辺倒の外交なのだ。一国の首相がその国を導く外交戦略を持たないでは、日本は永遠にアメリカの従属国を続けることになる。これなら「対等の日米同盟」を掲げた鳩山元首相の方がまだましだ。

憲法9条を「御神体」にする野党も、「多極主義者」論の国際政治評論家も、「地球儀を俯瞰する外交」の安倍も、政治観念論というほかない。日本になぜ観念論の政治家が多いのか?それは島国だから、それでも国防がある程度は成り立つからかも知れない。

経済的基礎から国際情勢を見るなら資本主義の不均等発展で、中国社会帝国主義が最も危険な侵略勢力として、拡張主義的軍事暴走を開始している時、ロシアにウクライナ問題を仕掛け、地政学に目覚めさせ経済制裁でロシアを東に向かわせる欧米の戦略で、日本は中国とロシアのニ正面に敵を迎える戦略的危機にある。

ここから来る日本の戦略は、対ロシアとの経済的相互依存関係を深め、経済的にロシアを取り込み中立にし、中国の来るべき侵攻に備え、自立した防衛力強化を準備することだ。備えあれば憂いなし。日本の平和は防衛力で成し遂げられるのであり、法的観念論の「平和憲法」が平和を成し遂げるのではないのだ。日本国民の政治認識を曇らせる政治観念論を批判せよ!
SEO対策:政治