FC2ブログ

文在寅の狙いは南北統一朝鮮の建設!

韓国政府がなぜ日本への外交的挑発を重ねているのか?を見る上では文在寅の考え方を理解するほかない、彼の昔からの戦略は、統一朝鮮が核保有の強国となり日本に報復することである、と言われている。

事実彼は、韓国政府の国防白書から「日本は価値観を共有する国だ」という記述を削除した。また「北朝鮮は敵国」との記述も削除した。だから戦略物資を日本から輸入し、北朝鮮に横流ししたのもうなずける。国連の制裁に違反して原油の瀬取りをして北朝鮮を助けてもいる。

韓国政府が、日本政府が安全保障上から、ホワイト国から韓国を外した事を「経済侵略」「経済報復」として国民の反日を煽っているのは、韓国国民の世論を北朝鮮との統一へと導くためであることは明らかだ。

文在寅は「過去を記憶しない国、日本という批判を日本政府が作りだしている」「日本に2度と負けない」などと述べ、「日本依存脱却」の対策を打ち出したのは、北朝鮮・中国陣営入りを策している証拠である。

つまり、日本の安全保障上からホワイト国から外した事を、韓国政府が意識的に誤解したかに見せて、韓国国民を反日の民族的憎しみを煽り、利用して、自分の観念的な「統一朝鮮戦略」に国民を誘導しているのである。

文在寅が、在韓米軍に国連軍の指揮権の返却を求めているのは、「統一朝鮮戦略」に米軍が邪魔であるからだ。アメリカ政府が日韓軍事情報協定(CSOMIA)を継続するよう韓国政府に求めているのは、このままだとCSOMIAを韓国政府が破棄することが避けられないゆえである。

文在寅の弱点は弁護士ゆえに経済が分かっていないことだ。奴隷制の大王(=金王朝)の独裁政権と資本主義国の韓国経済を統一できるわけがない。やるなら北朝鮮への経済援助であるが、それは韓国の重荷になるだけだ。しかし彼は北と南が経済統合すれば「日本に勝てる」と本心から思っているのである。しかも文在寅は、韓国経済が簡単に日本依存から脱却ができると思っているのだから、やはり経済が理解できていないのだ。

今後の展開は、文在寅は反日を来年4月の総選挙まで引き延ばし選挙に勝利することを当面目指している。安倍首相は韓国の反日が原因で経済が悪化することを自覚させ、韓国民の力で文在寅を打倒させる方向を目指すであろう。もちろんアメリカも安倍首相と同じ考えであることは間違いない。

文在寅がアメリカ政府に「たかり外交」を行い、トランプ大統領に「彼は乞食のようだ」と言わせたのは、米軍を半島から撤兵させるためであることは明らかだ。アメリカの戦略が半島から本当に撤兵するのかどうか、注目される点である。今後韓国で右派のクーデターが起きても誰も驚かないであろう。
スポンサーサイト

トーンダウンした文在寅の誤算!

日韓の対立を、韓国は「貿易戦争」「経済侵略」と言い、日本は貿易管理の安全保障上の措置という。元々は文在寅がこれでもかと日本を挑発した。徴用工問題で日韓請求権協定を覆し、慰安婦合意を覆し、天皇陛下を「戦犯の息子」と表現し、それを批判されると「盗人猛々しい」とうそぶいた。
自衛艦に戦闘用レーダーを照射するなど、まるで戦争だ。始めは「警告する」と意気盛んに挑発を次々行い、日本政府が求めた話し合いを半年以上も拒否した。

ところが日本政府の怒りが普通ではないことに気づいたか?8月15日の「光復節」の演説では「日本が対話と協力の道に出てくるならば私達は喜んで手を握ります。公正に交易して協力する東アジアを共に作っていきます。」散々挑発しておいて、国民の反日を煽りまくり、その舌の根も乾かぬうちに、今度は「協力」だ。

これには煽られた国民もしらける。この間に文在寅は韓国経済が深く日本経済に依存していることを理解したのであろうか?それとも中国経済が米中貿易戦争で深刻化していることに気づいたのか?それとも韓国ウオンが暴落していることを理解したのか?

ついこの間まで、「北と統一すれば日本に勝てる」かの勢いだった。ところがその北朝鮮にまで袖にされ、文在寅は「四面楚歌」になった。およそ経済が理解出来ない男なので、この外交的孤立が影響したのかもしれない。反日を煽れば来年の総選挙で勝てる計算だったのが、このままでは国民の矛先が自分に向かいだして慌てることになった。

そんな訳で、トーンダウンしたが、肝心の安全保障上の貿易管理の強化については一言も対策はない。これでは安倍首相も経済制裁の旗を降ろせない。文在寅は北朝鮮への片思いで、危機にある韓国経済の立て直し策は一つもない。あきれ果てた大統領である。

米ソの冷戦下の朝鮮戦争は北朝鮮と韓国と言う大国の援助に依存する2つの「たかりゆすり国家」を生みだした。韓国のたかりゆすり外交を勢いづけたのは自民党政権の何回もの援助だ。やれ「戦犯旗だ」「戦犯の息子だ」「謝罪しろ、謝罪しろ」と反日をやれば日本が金を出すと思い込んでいる、それが韓国だ。

ほかならぬ右翼政権の「安倍一強」を支えているのは韓国の「反日」だ。文在寅は自分の支持率を上げるために国民の反日に火を付けた。ところがそれが行き過ぎて日本の怒りを買い、今度は自分で火消しだ。

これ以上日韓関係を悪化させない為には、韓国国民に歴史の事実を学ばせ、捏造の反日が隣国に対するいかに汚い仕打ちかを理解させるべきであり、恥知らずな外交を今後一切止めさせるまで、一時的に国交断絶した方がいい。こんなことの繰り返しは日本国民の精神衛生にも悪いので、日本政府はこれを最後にするまで徹底的に闘うべきだ。
#日韓貿易戦争 #日韓請求権協定 #慰安婦合意 #たかりゆすり外交 #盗人猛々しい #安倍一強

文在寅大統領に日韓関係改善の気なし!

日本政府は、韓国に対し輸出管理の手続きを優遇する「ホワイト国」から、除外する措置を本日の閣議で正式に決めた。

これに対して日本の各企業は「大きな影響が出るとは思っていない」(三菱ケミカルホールでングスの伊達常務)「影響はない」(帝人の園部専務)「特に大きな影響はない」(東京エレクトーン笹川経理部長)といずれも影響はないと冷静に見ている。

ところが韓国では文在寅大統領が「日韓に交渉を促すアメリカの提案に日本が応じなかった」と主張し、「状況を悪化させた責任は日本政府にあることを明確に警告する」「外交的な努力を拒否し、事態を一層悪化させる極めて無謀な決定だ。深い遺憾の意を表する。」と述べた。

韓国のテレビ局は「経済戦争」という過激な言葉で報じ、「経済戦争への宣戦布告だ」との声もでているという。なぜここまで恐慌的な反応になるのか?それは韓国側がこれでもかと日本を挑発した事を自覚しているからであろう。

韓国経済が原材料の面で日本に全面的に依存しているなら、日頃から謙虚に対応すればいいものを、たかりゆすりが高じて、国と国の約束まで何度も反故にして、その上で日本が「ホワイト国」を続けるとでも思っていたのであるから、おめでたい。

日韓請求権協定を覆し、慰安婦合意を覆し、金だけ何度も奪い取ろうとするのであるから、それなりの覚悟の上かと思ったが、覚悟もなしに自衛隊機にレーダー照射をした上に、天皇陛下を「戦犯の息子があやまれば・・・」と暴言を吐いた。自分たちが挑発の上に挑発を重ねた自覚があるから、大げさな反応になるのだ。

元々同盟国でもないし、日本の経済的援助を何度も受けながら、感謝をするわけでもなし、借りた金を返すでもない。こんな悪辣な隣人とは付き合わない方がいいに決まっている。韓国の強請りたかり外交が、もはや通じる時代でないことを自覚させてやるのは韓国のためでもある。

戦後70年経って、交戦国でもない韓国から、いつまでも「戦犯国・戦犯国」「謝罪しろ・謝罪しろ」と批判されるいわれはない。日本は徹底的に戦争を闘い、戦後GHQの下で、「戦後改革」を成し遂げ、民主国家になった。韓国のように社会改革が一切なされなかったのとの違いである。北朝鮮は未だに奴隷制社会だ。社会革命を一度として経験した事がない半島国家と付き合うことの難しさは、相手が、感謝も反省できないだけに難しい。しかも根底にあるのは恨みの儒教思想だ。

したがって経済制裁で日韓の経済の相互依存関係を自覚させない限り、反省しない、謝罪しない、感謝しない、相手であり続けることは明らかだ。安倍首相には、文在寅が大統領を辞職するまで経済制裁を続けることを求めたい。対韓国外交が「龍頭蛇尾」に終わることのないようにしてもらいたい。そうしないと1000年の友好関係等打ち立てられないであろう。

文大統領には北朝鮮との経済統合しか見えていない。だからとことん日本を挑発し、国民の反日を煽り、北との統合を夢見ている。奴隷制国家(=北朝鮮)と経済統合等不可能であることも、彼は理解出来ないのである。
#文在寅大統領 #日韓請求権協定 #ホワイト国 #相互依存関係 #強請りたかり外交

文在寅大統領の強硬姿勢が変わらない理由!

日本側の輸出規制強化でも文在寅(ムン・ゼェイン)大統領の強硬姿勢に変化はない。韓国政府内部では日本の選挙が終われば日本側は態度を軟化させるだろうとの楽観的見方があったという。

ところが、先週の事務レベルの会合で、日本側の説明を聞いて韓国側は「これは本気だ」との判断が強くなったようであるが、7月15日文在寅大統領は強気を崩さず、「結局は日本経済に大きな被害が及ぶ」と警告した。

文在寅大統領が、日本の輸出規制が「韓国経済が一段高い成長を図る時期に、その成長を遮ったも同然だ。」と語ったのは、うまくいっていない韓国経済運営の失敗を、日本の輸出規制に原因があるとすり替えるために、強気な態度に出たと見られる。

文大統領は、日本の措置が「両国の歴史に逆行する措置だ」としたうえで「日本経済に大きな被害を与える」と警告した。彼は自分が日本に一方的に行った反日政策が成果を挙げたぐらいにしか考えておらず。彼の頭には韓国の国益や韓国経済のことは全くなく、反日運動で自分の支持率が上がることしか考えていない。

つまり今回のことは彼が日本を挑発した事は明らかであるのに、あたかも被害者のようにふるまう狡猾さを指摘しなければならない。日本経済に大きな被害が及ぶ前に韓国経済が大きな打撃を受け、それをどのように切り抜けるかの対策もなく、日本が我慢して無理難題を受け続けるぐらいの軽い認識で始めたことは明らかだ。

反日という韓国政府の支持率上げの外交が、日本に反作用して、日本の世論を右傾化し、そのことが「安倍一強」という日本の右翼政権を安泰にしていることなど考えもしていない。日本の右翼勢力がヘイトスピーチで反動的民族排外主義を振りまくのも、韓国政府の反日によるたかりゆすり外交がそれを支えていることなど考えもしていない。

そうした意味で文在寅政権は間違った民族排外主義外交(=北朝鮮第一主義)で日韓の経済の相互依存関係を破壊し、韓国経済を致命的な危機に追いやることすら、彼は心配もしていないのである。こうした手合いには、自分の身勝手な政策が韓国経済を破滅的危機に追いやることを実際に見せる以外にない。

それにしても反日のデマを振りまくことで大統領の支持率が上がるという韓国人民の民度の低さは世界でも珍しい。戦後何度も日本政府は謝罪し、その都度金を払ってきた人のよすぎる日本外交が、文在寅政権のような売国反動の北朝鮮第一主義の政治家を生むに至ったことを指摘しなければならない。彼は日本には何をしてもいい、と考えており、テロ国家や独裁政権などどうでもよく、反米・反日だけがすべてなのだ。

文政権は見かけは左翼政権だが、実は本質は統一朝鮮が核保有大国として、核で日本に報復することを自己の生きがいにしている右翼的思考を持っている。文政権の本質は反動的右翼政権なのである。#文在寅政権 #輸出規制 #韓国政府 #民族排外主義

日本の国民がやっと戦後を克服した!

思い起こせば長かった。韓国政治家に、「反日」をしたい放題にやられて、たかりゆすりを受けても何回も金を払い、卑屈に謝罪し続けた。よく考えれば韓国は戦勝国でもないし、日本と共に大東亜戦争を闘った、言わば戦犯同士であった。

安倍政権が行った韓国への経済制裁は、日本国民の90%以上が支持しているという。日本国民が初めて国民として戦後の卑屈な敗戦の精神的屈従の後遺症を克服したと言っていい。

それだけに安倍政権は、今回の経済制裁を簡単に収束させられない。終息させれば国民の支持を失うことになるからだ。国と国の約束が守れないなら、外交は成り立たない。戦後70年以上経つのに、いつまで「謝罪しろ謝罪しろ」と韓国人に言われなければならないのか!?

韓国議会の議長は、天皇陛下を「戦犯の息子が謝罪すれば~」と表現した。戦犯は東京裁判で法戦の上、処刑を受けて、歴史的な責任は死を持って果たしている。戦後70年以上過ぎて、いまさら請求権協定をホゴにするような連中と国交を続ける意味はない。

報道によれば、韓国のマスコミが日本商品のボイコットを訴えても、韓国民はあまり踊らされてはいないようだ。「反日」で国民の支持を取り付ける民族排外主義の過ちを、韓国人民が克服する時が近づいていると思える。

過去への報復が、儒教文化の最大の誤りで、これを歴史家は「恨毒」(えんどく=恨みの毒))と表現した。中国の王朝は滅ぼされると「族滅」の憂き目にあった。それゆえ中国の偉大な文化は、多くが今に存続せず、辺境に残されることになった。

中国の東方の島国(=蓬莱の国=日本)に、中国文化は化石のように存続した。中国人が日本旅行で「懐かしさ」を感じるのは、唐の文化の香りを感じるからかもしれない。思えば朝鮮民族は歴史的に半島国家の悲しさを、長期に受けてきたゆえに儒教の「恨みの文化」を受け継いでいる。それゆえの反日であるが、それも克服の時が来たのではないかと思いたい。

つまり今回の日韓の貿易戦争は、実は日韓の恨みの文化の終焉にしなければならない。「恨毒」を次の世代にのさぬ決着を日韓の政治家に期待したい。それが歴史的解決というものだ。
日本の対米自立の時が近づいている。#韓国の反日 #民族排外主義 #恨みの文化 #半島国家
SEO対策:政治