FC2ブログ

北朝鮮、開城(ケソン)の南北共同連絡事務所爆破の意図!

北朝鮮は昨年2月のハノイでの米朝首脳会談以後、文在寅(ムンゼェイン)韓国大統領に不満を募らせていた。あたかもハノイ会談でアメリカが北朝鮮の主張する段階的核放棄路線を認め、経済援助を段階的に獲得できるとだまされた、との不満を表明していた。

文在寅の誤算は、アメリカが思いのほか強硬で、南北首脳会談が決裂し、膠着状態に陥り、当初の北朝鮮との共同事業に踏み込めなくなったことだ。北朝鮮側にすれば開城工業団地の再開や,南北鉄道の連結、金剛山観光事業再開、韓国の食糧支援などが空約束になったことに「騙された」と気が付いたのである。

北朝鮮が脱北者団体のビラなどを風船で飛ばすことへの怒りは、口実であり、怒りをぶっつけるきっかけに過ぎない。金与正(キムヨジョン)党第一副部長が爆破予告をしたとき、文在寅はすぐさま脱北者団体の弾圧策を発表し、北への特使派遣を北朝鮮側に伝えたが、金与正に拒否され、そして16日午後連絡事務所は爆破された。

北朝鮮は、金正恩の世界中の隠し口座(約2000億円)を差し押さえられ、現在金欠病になっており、国民は飢えに苦しんでいる。国民の不満を抑えるには南北間の軍事的緊張状態が北朝鮮には必要だということだ。今後国境地帯で砲撃事件などが起きる可能性が強い。

北朝鮮は、国名は「朝鮮民主主義共和国」だが、建国時にあのコミンテルンの提案する社会改革を、金日成はすべて拒否した。すなわち北朝鮮は高度に発達した奴隷制社会のままなのである。こうした奴隷制の大王の支配する軍事独裁政権が、南北統一などできるわけがなく。すれば北の政治体制は崩壊するであろう。

アメリカと中国の2超大国が、北朝鮮を双方の軍事緩衝地帯として半島の現状固定化で合意している以上、文在寅が南北統一の夢を実現するには、まず韓国が対米自立しなければ不可能であるのに、それすらできないのに、彼は反日の旗を掲げればできると短絡的に考えた。弁護士ゆえに彼は経済が理解できないのである。奴隷制社会が自由な資本主義社会と、どうして統一できるであろうか。

文在寅政権は反日で先の総選挙に勝利したが、その外交はことごとく失敗した。北も南もたかりゆすり外交が通じない時代が来ている。米中の覇権争いが激化しているのだから、北朝鮮は国連制裁下で、中国への依存を強めざるを得ないし、韓国はアメリカへの依存を強めざるを得ない。こうした状況では文在寅の観念的統一論は完全に破たんしたといえる。

北朝鮮には「新型コロナウイルスの患者は一人もいない」らしいが、テレビの映像では、なぜかみんなマスクをしている。肺炎の患者は多いらしい。つまりコロナと米中対立と国連制裁が、北朝鮮の経済的苦境をさらに苦しくした。韓国も現在経済危機が激化しており、北に経済支援ができる状況にはない。北朝鮮は緊張激化と鎖国が、政権の維持には都合がいいのである。
#ハノイ会談 #南北統一 #連絡事務所爆破
スポンサーサイト



文在寅は北朝鮮の従僕であることを証明した!

北朝鮮は9日、韓国の脱北者が先月金正恩委員長を批判するビラを付けた風船を飛ばしたことを理由に、9日正午以降南北間のすべての連絡ルートを遮断すると明らかにし、事実遮断した。

これを受けて、韓国の大統領府は11日定例のNSC=国家安全保障会議を開いた。会議終了後に記者会見した国家安保室の金有根第一次長は「ビラを飛ばす行為は、朝鮮半島の平和と繁栄を成し遂げるための努力に役立たない」として、今後ビラを飛ばす行為を徹底的に取り締まる方針を示した。この前日には文在寅政権は脱北者の団体を刑事告発する方針を明らかにしている。

韓国の脱北者の団体は、北朝鮮人民への人権抑圧と核開発に反対するビラを飛ばすとともに、コメや薬をバルーンで送る運動をしており、この人権抑圧と核開発反対は国連の決議に沿うもので、刑事事件とするような内容ではないし、人権派弁護士出身である文在寅大統領のやることではない。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは、こうした韓国政府の行動を「北朝鮮の脅しに平身低頭」していると非難し、文在寅政権が北朝鮮人のために全く立ち上がろうとしないことは「恥ずべきことだ」と非難した。また同団体は「文大統領は、北朝鮮に向けてメッセージや物資を付けた風船を送る行為の全面禁止を提案するのではなく、言論の自由を尊重し、検閲を止めるよう北朝鮮に求めるべきだ」と指摘した。

文在寅は、韓国大統領として残る2年の任期のうちに南北統一の政治遺産(レガシー)を作りたいと考えていただけに、北朝鮮の連絡ルート遮断に慌てふためき、北朝鮮の人権と非核化のために戦っている脱北者団体を弾圧しようとしている。

文在寅は弁護士であるゆえに経済の事は何も知らず、北朝鮮が人権や民主主義にならなくても南北統一が可能であるかに夢想している。北朝鮮は奴隷制の大王が支配する地球上唯一の奴隷制独裁国家であり、これをそのままに南北統一など不可能なのである。あえて北朝鮮がそれをやれば政権は崩壊する。北朝鮮の政権の延命のためには自給自足の鎖国が一番都合がいいのである。したがって文政権の南北統一論には北が反対することになる。もちろん韓国からの援助獲得に利用はあり得る。

北朝鮮で拷問されアメリカに帰国後死亡したユダヤ人の青年の家族の損害賠償裁判で、北朝鮮は多額の賠償金を負い、しかもユダヤ金融資本の協力で外国の金正恩の多額の隠し資産(=2000億円ともいわれている)を差し押さえた。つまり金王朝は現在金欠状態なのである。

安倍政権は以前に「北にコメ供与を約束し、果たさなかった」現在倉庫に眠っているコメの人道支援を申し入れたら、拉致家族の返還交渉の糸口がつかめるかもしれない。もっともアメリカの顔色を見るしか能のない安倍首相には、小泉のような交渉は無理かもしれないが・・・。また拉致家族がアメリカでの損害賠償裁判を起こし、勝訴したら、この差し押さえた資金を押さえたうえで、交渉を行えば、交渉が有利になる可能性もある。外務省にはぜひ検討してもらいたい。
#南北連絡ルートを遮断 #脱北者団体 #奴隷制独裁国家 #拉致問題

深刻な危機に直面している北朝鮮!

世界中が新型コロナウイルス感染症で手いっぱいで、感染防止と経済再建に苦悩している中で、北朝鮮政府は国連制裁とコロナで中国・ロシアとの列車も止まり、国際便も飛ばせない状況で相当な経済危機にある。

世界の注目を集めようとたくさんロケットを飛ばしても、世界はそれどころではない。中国やロシアもコロナと経済危機で他国の面倒まで見れない。そんな時に韓国の脱北者の飛ばす風船ビラが北朝鮮の奴隷制社会を揺さぶることになる。北朝鮮の亡命政権もできている。金正恩は軍のクーデターを何よりも恐れている。彼が自分の居所を秘密にし、動静が一切報道されないようにしているのは、軍のクーデターを怖れているゆえである。

北朝鮮は6月9日正午以降南北間のすべての連絡ルートを遮断すると発表した。理由は韓国の脱北者団体が5月31日にビラを北朝鮮に向け飛ばしたことである。6月8日の北朝鮮政治局会議では「自給自足経済のさらなる推進、人々の生活水準改善に伴う重要な問題」が議題となった。国連の制裁とコロナで同盟国の中国・ロシアとの交通機関がすべて止まっているのだから北朝鮮の危機は他国の比ではない。

それにしても韓国の現政権は、その希望する外交が、現実の矛盾の前に、ことごとく齟齬(そご)をきたしている。中国依存の経済路線を選択しようとしたら、米中対立で行きづまり、文大統領の残り2年の任期で南北関係の改善を図ろうとすると、北の方から関係を遮断する始末だ。

韓国は、コロナと米中対立で経済的打撃は大きいので、再び「反日」で切り抜けようと徴用工判決に基づく日本企業の差し押さえ資産を現金化すれば、日本が制裁を強化しても、反日で切り抜けられる。だがそれをやれば韓国経済は3重苦で、もっとひどいことになる。進める外交がことごとく齟齬をきたす韓国外交は、2超大国の対立の狭間における半島国家の悲哀を自覚させるものである。

日本の拉致被害者救済も同じで、アメリカと中国が北朝鮮の緩衝地帯としての現状維持で合意している以上、日本が独自外交で拉致被害者を取り戻すことは不可能だ。こうして北朝鮮は今や世界の厄介者のような存在で、経済危機から政権が崩壊する可能性も心配しなければならない。アメリカも中国もコロナと自国の反政権の動きを心配しなければならず、北朝鮮どころではない。特に中国は金正恩に北朝鮮の親中国派人脈を一掃されて、手がかりさえない状態だ。

せっかく韓国に親北朝鮮の文在寅左翼政権ができたのに、南北交流を進めれば、金正恩体制が維持できないほどの経済危機だ。すべての関係を断って自給自足経済に戻るほかないのだ。核を持てば金正恩政権が安泰になるはずが、これも裏目に出たのである。

韓国のように対米従属でも、北朝鮮のように核を持って対中国から自立しても、民族の独立と統一は難しいのである。なぜか北朝鮮は口先の社会主義、実際の奴隷制社会であり、それゆえ政権の維持には事実上の鎖国状態の方がいいのである。しかし人民を食わせられないなら金正恩体制は崩壊もあり得る。今回の北の関係遮断に対し、韓国政府がどのような外交を行うのか注目される。脱北者団体にビラ風船を飛ばすことを禁止して、北朝鮮への経済支援を行えるのか?注目されるところである。
#連絡ルート遮断 #北朝鮮政治局会議 #文在寅左翼政権 #北朝鮮の奴隷制社会

北朝鮮最高指導者の動向が注目を集める理由!

アメリカメディアCNNが政府筋の情報として、金委員長が手術を受け、術後に「重大な危機に陥っている」と報じたことが世界に衝撃を与えている。

報道の根拠になっているのは建国の指導者である金日成(キム・イルソン)の誕生日である4月15日の太陽節に金正恩委員長が参拝しなかったことである。金日成の遺訓統治・白頭血統の偉大さを自己の独裁統治の正当を売りとしている金正恩委員長が、太陽節に参拝しないことは異例であり、よほどのことがあったということを示している。

これに関する情報としては、韓国の高位亡命者の情報では金委員長は「現在、足首と手首の治療をしているところ」という話から、心臓の血管系の手術をしたとの説、またコロナ感染症説まで出ている。したがってCNNの情報も観測気球の一つであるかもしれない。

民主主義国なら最高指導者が重体でも体制が揺らぐことはないが、アメリカと対立する奴隷制の大王、すなわち独裁権力を持つ最高指導者が重体となると、北東アジア情勢が激変する可能性がある。とりわけ金正恩委員長はトランプ大統領とのベトナムでの会議が挫折し、核放棄という先代からの国策放棄を迫られ、国内、とりわけ軍幹部を説得するほかに、アメリカとの和解を成し遂げられない追い詰められた立場にある。

核保有国として安全保障を確立するという国策を、国連の経済制裁下で放棄することを迫られているとき、この国策放棄を決断できるのか?若き指導者金正恩は悩み、経済制裁で追い詰められている。しかも自らを金日成に似せるため無理やり130キロまで太り、髪型まで刈り上げにしているほどで、したがって金日成と金正日と同じように彼も心臓病を継承している。

金正恩は、煙草もたくさん吸い、大酒も飲む。もしコロナウイルスに感染したら重症化は避けられない。北朝鮮は外貨を稼ぐために中国にたくさんの労働力を送り込んでいるし、レストランなども中国各地で経営している。したがって昨年11月~今年1月までに武漢からコロナウイルスが北朝鮮の首都に持ち込まれ、広がっていることは確実であり。「患者が一人もいない」ということはあり得ないのである。したがって金正恩委員長がコロナ感染を避けるため地方に避難していることはあり得るであろう。

金正恩委員長ができることとすれば、米朝会談が決裂している間に核爆弾をできるだけ多く製造し、隠匿して、核保有の既成事実を作り上げて、そののち米朝合意で、核設備の廃棄と引き換えに、アメリカから体制容認を取り付けることであろう。そうした決断が北朝鮮軍部の反対なしにできるのか?世界の注目が集まっているのである。

北朝鮮ミサイル技術飛躍の理由!

月刊誌「選択」1月号は「北朝鮮ミサイル技術飛躍的進歩の裏側」と題した記事を掲載している。同記事の副題は「主導する旧ソ連外人部隊」としている。

同記事は、昨年12月7日と13日に北朝鮮が行った「きわめて重大な実験」にウクライナ人のミサイル専門家が立ち会っていることを、国際情報筋が明らかにしたことを記している。

北朝鮮が最近ミサイル技術を飛躍的に向上させたのはウクライナにある旧ソ連のミサイル工場「ユジマシ」の元技術者が多数北朝鮮に移り開発に参画しているからだという。

同記事は、旧ソ連の崩壊でウクライナだけで大量破壊兵器製造に参加していた約2万人が失業し、ユジマシは操業を停止した。このとき失業した技術者は数千人に上り多くがロシアに移ったが、北朝鮮に一本釣りされた者もいるという。

10年前、ロシア外務省当局者は「北朝鮮に渡ったロシアの技術者は26人だったことが極秘調査で分かった」とのべている。また2012年~2017年に毎年延べ100人から500人の北朝鮮人がウクライナに入国して技術者を一本釣りしていたというのだ。

こうしてロシアとウクライナの技術者の協力で北朝鮮のミサイル開発は飛躍的に進展したという。また長距離ミサイルICBМ「火星14号」にはウクライナのユジマシ工場で作られた旧ソ連製液体燃料エンジンRDー250の改良型が搭載されていたという。

また昨年5月から北朝鮮が打ち上げた短距離ミサイルには、ロシア製の新型短距離ミサイルイスカンデルМに酷似したミサイルが含まれている。このミサイルは韓国と日本を射程に収めるだけでなく、低空を不規則に飛行するため、迎撃ミサイルによる補足が困難だという。

同誌はまた、北朝鮮のウラン濃縮型核兵器開発にはパキスタンが協力したこと、プルトニウム型核兵器はロシア技術者が協力したことが分かっているという。つまり、旧ソ連のミサイル技術者が北朝鮮やイランに職を求めて、核兵器とミサイル技術が世界に拡散していることが、現在の国際情勢の流動化を促しているのである。
#北朝鮮ミサイル #旧ソ連のミサイル技術者 #ユジマシ工場
SEO対策:政治