中国の北載河の会議がどうなるか気になる!

北朝鮮の核ミサイル開発で朝鮮半島が緊張し、中国の東シナ海と南シナ海での軍事的威嚇の中で中国の内部では習近平が「反腐敗」を口実に反対派を次々摘発し、中国国内に独裁体制を着々と固めている。習近平は自己の神格化にも取り組み、取り巻きに「習近平思想」を高く評価させている。

8月3日の新聞報道では幹部が北載河に到着し会議が始まったと見られる。共産党の中央政治局の定年制で今年の秋に幹部が多く定年を迎える。中央政治局で現在少数派の習近平は、この機会に多数派を形成したいところである。

中国共産党の老幹部達が習近平の独裁体制を認めるのか?それとも集団指導体制に戻すのか?どちらを選ぶかは、今後のアジア情勢を左右することになる。

また習近平の強引な「反腐敗」を口実にした反対派潰しは、陰湿な粛清であり、失脚した反対勢力内に憎しみを拡大しており、習近平はいつ暗殺されるか分からない状況にある。夏の北載河の会議で秋の人事の党大会の行方が決まると言われており、世界の関心が集まっている。

習近平は、最近では自分の後継者潰しにまで手を染め、その独裁体制の強化に狂気のようにまい進している。江沢民派や共青団派は独裁体制を押さえたいところである。現在の習近平の中国は大軍拡の中でインドと軍事対立を深め、南シナ海は今や中国の軍事拠点化している。国際的に経済援助を餌に中小国を引きつけてはいるが、外交面では孤立を深めている。習近平には一国の指導者としての風格や思想性に欠ける。ただ軍事大国化で世界の覇権を争う夢にかけているだけで、国民的人気があるわけでもない。

したがって習近平の独裁体制を党長老が認めれば、中国はアメリカとの覇権争いに突き進む可能性がある。中国社会帝国主義は世界で最も危険な拡張主義であり、中国は景気対策で軍事生産が拡大し、既に巨大な産軍複合体ができており、周辺国への領土的野心は軍事的暴走を招く可能性がある。

今年の北載河の会議がどうなるかが世界と、とりわけ日本の安全にとって極めて重要な会議となる。注目しないわけにはいかない。
スポンサーサイト

中国軍事独裁政権の侵略に備えよ!

習近平が軍服をきて中国軍を閲兵し「党の命令するまで進撃できる軍隊になれ」と演説した。
中国経済は現在軍需経済化しており、大軍拡の中にある。しかも習近平の独裁体制が強まっている。それは北朝鮮の核装備以上に危険である。

アメリカが内政重視の「アメリカ第一主義」で経済的・軍事的に弱体化が明白になりつつ中で、中国は世界経済戦略「新シルクロード戦略」を持ち海洋進出を強化し、大規模な空母機動部隊を持とうとしている。

官僚独裁の中国は、最も危険な社会帝国主義に転化しており、中華思想に基づく拡張主義戦略を具体化しつつある。中国走資派指導部はその世界支配の野心を膨れ上がらせており、北朝鮮以上に攻撃的で、世界の主要な敵としての姿を露わにしつつある。

中国の危険性は、その内的脆弱性に根拠があり、社会主義的集団所有制がその資本主義的政策によっても内陸部の資本主義化=市場経済化は限界があり、その内的弱さが、外への市場獲得にむけた拡張主義となって軍事的凶暴さとなる。しかも中国軍が軍事産業を保持する産軍一体の既得利益集団は戦争なしに利益にあり付けないのである。

中国経済の弱さは企業の技術力であり、開発力の弱さだ。彼らは日本占領でそれを獲得しょうとしている事を見逃してはいけない。中国の世界戦略の最初の段階は日本占領なのである。

日本政府の平和ボケで、日本には軍事的目的をもった中国人が多数潜入し、日本の山、土地を買いあさり、経済的に日本に平和的な形で浸透しつつある。既に中国人が30万人以上日本に入りこんでいるのだ。

そんなときに自公は内向きとなったアメリカへの追随一辺倒で、野党は憲法9条を御神体にした観念的平和主義だ。これでは日本の防衛は心もとない限りだ。与野党共同で日本の防衛戦略を検討するべきである。現在の自衛隊は巡航ミサイル等攻撃兵器を持たない奇形的な軍隊だ。しかも北東アジアの情勢は中国・北朝鮮・韓国が一体となって日本に報復戦争を仕掛ける可能性を強めている。トランプのアメリカ(第一主義)が自国への核攻撃の危険を押して日本を防衛するとも思えない。

日本は対米自立して自分の国は自分の力で守れるようにするべきである。アメリカがアジアから引き上げる時になって慌てても遅いのである。

文韓国政権の無原則的対話路線は百害あって一利なし!

韓国の文在寅政権は対話で問題が解決するとでも思っているのであろうか?北朝鮮はアメリカとの軍事的緊張状態で持っている政権なのである。したがって軍事的な解決以外に効果的な解決は有り得ない。

トランプ政権の中国に依存した北朝鮮への圧力路線は中国政府のサボタージュで失敗は避けられない。だからと言ってアメリカと日本の足並みを乱すことがどのような意味を持つのかを見ておくべきである。

文在寅政権は軍事対話のほか赤十字対話も呼び掛けている。今北と無条件で話し合いを行うことは北朝鮮に核とミサイル開発の時間的猶予を与える意味しかないことを指摘しなければならない。

アメリカは北朝鮮の核ミサイルの脅威が有るから日本と韓国を従属下においている。中国は半島の南北分断の維持がアメリカとの緩衝地帯としての北の延命を図る上で重要なのである。米中が半島の現状固定化で合意しているのである。

問題は北朝鮮の核ミサイルがアメリカの脅威となる段階で、アメリカがどのような政策を出すのか?「アメリカ第一主義」だけに、大陸間弾道弾だけの放棄を要求することで北朝鮮と合意が有りうるのである。つまり日本と韓国は北の脅威の除去という点でアメリカに裏切られる可能性が強くある。

韓国の文在寅政権は南北の統一を理想として追求しているが、中国・アメリカが半島の現状維持で合意している以上彼の南北統一路線はかなうわけがないのである。むしろ現状での対話は北朝鮮には最後の時間稼ぎとして役立つ以外利はなにもない。

韓国の文在寅政権は2030年のサッカーワールドカップの韓国・北朝鮮・中国・日本の4カ国共同開催を呼び掛けている。日本と中国が単独開催を計画しているのでそれを妨害したい気持ちは分からないでもないが、反日国の韓国が共同開催を呼び掛ける時は、単独開催を妨害する目的だけではない事を政府は見ておくべきである。

トランプの「アメリカ第一主義」の下で、アジアで中国への求心力が強まっている時に文在寅政権は4カ国共同開催で中国に媚を売っているのである。アメリカが自国第一になればアジアの求心力は中国へと向かうことになる。したがって韓国の文政権の対話路線は「韓国のアメリカ離れ」という見方もできるのである。

日本は、アメリカがアジアから引き上げるのに合わせて、自立できるだけの防衛力強化を進めておくべきである。中国社会帝国主義は現在の地球上で最も侵略的で、拡張主義的であることを決して忘れてはいけない。中国の危険性はいまや全世界の平和への最大の脅威なのである。同時に反日の韓国が中国の先兵と化すことの危険も見ておかねばならない。

山場むかえた中国走資派内の権力争い!

報道によれば、習近平の片腕として「虎退治」で反対派を容赦なく逮捕投獄してきた王岐山党中央規律検査委員会書記がここ1カ月姿を消しているといわれる。江沢民派は王岐山の腐敗を暴露、攻撃し、習近平は「党の核心」に続いて、こんどは「習近平思想」を党規約に書き加えたことで永久政権を目指している。

習近平をささえる王岐山は4年間で何十回も反対派から命を狙われたといわれ、最近ではアメリカに亡命した江沢民派の曽慶紅につながる政商郭文貴が王岐山の腐敗を暴露したり、人気女優ファン・ビンビンが王岐山を闇接待したとの情報まで拡散されるに至っている。

王岐山が表に出てこないのは「次の虎狩りのため」という説と、自身へのスキャンダル攻撃でダメージが大きく、病気だとの説まである。果たして習近平の永久政権がなるのか、それとも習近平の片腕がもがれて、習近平が支柱を失い永久政権が夢と消えるのか?

夏の北載河会議を前に中国走資派指導部の権力争いが注目を集めている。王岐山の党中央規律検査委員会は「と小平ファミリー」に攻撃の矛先を向けているとの説も流れているが、同時に王岐山がすっかり痩せて「トラ狩り」の気迫が消えた、という説まであり、中国の政争は全く帰趨が分からない。

夏の北載河会議で習近平の永久政権が党長老の支持を得られるのか注目される。もし習近平の片腕の王岐山が秋の人事大会で政治局常務委員に留任できないようだと習近平の永久政権も夢で終わることになる。そうなると「中国の夢」の拡張主義覇権戦略がどうなるのか?注目される点である。ここ1カ月姿を消した王岐山が新たな「虎退治」で表に出てくる可能性もある。夏の北載河会議の行方が注目の的である。

中国社会帝国主義の凶暴性を軽視してはいけない!

新華社によると、中国の習近平国家主席は24日中国海軍の作戦指揮所等を視察し、海軍は国家の安全のために非常に重要な地位を占めていると指摘し「強力で近代的な海軍の建設に努めるよう」指示した。

華字ニュースサイト「多維」は25日中国遼寧省大連の造船所で同国3隻目の国産空母の建設が始まった可能性がある、と報じた。中国の軍事サイトが報じた造船所内のドッグの写真に空母建設に使用される部品が写っていたという。上海では2隻目の国産空母が建造中で3隻目の建造がはじまってもおかしくはない。

習は、強力な海軍は「世界の一流の軍隊の重要な証で、海洋強国建設の戦略的な支柱だ。」と訴えた上で自らスローガンに掲げる「中華民族の偉大な復興」という「中国の夢」実現の重要な要素だと強調した。

300隻以上の軍艦を持ち、230万人の軍隊を持つ中国に、どこの国が攻めると言うのか?「国家の安全」は口実で、実際には世界の覇権を目指す野心が高じて空母建設にまい進しているのである。中国は軍が軍事企業を持つ文字通り産軍一体の独裁国家であり、現在鉄鋼などの過剰生産を解決するため武器生産にまい進している。中華思想の軍事独裁国家がアメリカの覇権に挑戦する腹を固めたのであるから、それは本気であり、その凶暴性を軽視してはいけない。

アメリカのマティス国防長官は5月19日国防総省で記者会見し北朝鮮の核ミサイル開発について「軍事的解決に突き進めば、信じられない規模の悲劇的なことになるだろう」と語って軍事行動に慎重な姿勢を示した。ブルックス在韓米軍司令官は5月25日韓国国防省傘下の研究機関等が主催したセミナーで講演し「北朝鮮への先制攻撃は困難だ」「金正恩が保有するロケットやミサイルは韓国の首都圏にとって大きな脅威だ」と強調し、先制攻撃が難しい状況にあると語った。この2人の発言は中国拡張主義者には励ましにも似た見解で、アメリカ軍の衰退と見てますます中国覇権主義が自信を深めている。

中国は空母を6隻建設する計画を持っており、巨大な海軍力を持てばアメリカは恐れてアジアから撤退し、中国がアジア・中央アジアからヨーロッパまでの巨大な経済圏を「一帯一路」戦略でアメリカと覇権を分有する計画なのである。

中国は覇権を確立する上で技術と資金を持つ日本を屈服支配させる計画を立てている。アメリカの衰退が大きい中で日本は戦略的に危機に直面していることを知らねばならない。核を持たない日本が北朝鮮と中国の核の脅しに屈服しない為には核の保持が不可欠となる。アメリカが大国と事を構える決意に欠ける以上、アメリカは核の危険を冒してまで日本を守らないであろう。日本は単独での国防力強化の計画を急ぐべきであり、紙切れに過ぎない憲法改正等はどうでもいい、緊急に必要なのは防衛力の強化である。
SEO対策:政治